楽天ビジネスカードは法人カードにしては審査が通りやすいカード

      2019/08/07

楽天カード系列の法人向けクレジットカード、楽天ビジネスカードを紹介します。

普段、年会費無料の楽天カードを使い倒している身からするといきなりステイタスが上がったという感が大きいカードです。

ただこのカード、単体では申し込む事の出来ないカードなんです。
ちょっと変わったシステムになっている楽天ビジネスカードを調べていきます。

楽天ビジネスカードの特徴

楽天ビジネスカードは個人用の楽天プレミアムカードに追加するビジネスカード。切り替えではなく2枚持ちになる。

楽天ビジネスカード単体では作れないのが特殊なところですね。

個人カードである楽天プレミアムカードと法人カードである楽天ビジネスカードの2枚使いをして、個人の支出とビジネスの支出をわけましょう、というのがコンセプトのようです。

楽天ビジネスカードの審査

楽天ビジネスカードを作るにはまず楽天プレミアムカードの審査に通らなくてはいけません。

楽天カード所有なら楽天プレミアムカードが作れる可能性が非常に高い。

いきなり楽天プレミアムカードに申し込むことも出来ますが、楽天カードを使っている人ならその支払いの実績でほぼ審査には通るようです。

ただし楽天プレミアムカードの審査に通っても楽天ビジネスカードの審査に落ちる可能性はゼロではないのでご注意を。

ポイント還元率が高い

楽天ビジネスカードは還元率1%。
普段使っている楽天カードと同じなのでありがたみはそれほど感じないのですが、ビジネスカード(法人カード)としては還元率1%は最高水準ですよ。

提携している店舗とかではなく、普通のショッピングで使ったときの基本還元率はほとんどの法人カードが0.5%。
そう考えると楽天ビジネスカードの還元率1%は最初から他の法人カードの2倍だという事。
これは大きい。

法人カードなので会社にとって余分にものには使わない。
となると提携している店舗やネットショップなどのキャンペーンで何倍!なんてものはあまり関係なくなる。

そうなると固定費を法人カード払いにした場合基本還元率の高さはがぜん有利になってきますね。

年会費

楽天ビジネスカードは楽天プレミアムカードがないと作れません。
切り替えるのではなく楽天プレミアムカードと楽天ビジネスカードを両方持つ事になります。

という事は年会費も2枚分。
楽天プレミアムカード 10,000円
楽天ビジネスカード 2,000円
合計12,000円の年会費がかかります。

年会費無料の楽天カードを使っていた人からするといきなりのステップアップ。

あと年会費2,000円以下で作れる法人カードがいっぱいある中で12,000円の年会費は結構な金額に感じてしまいます。

引き落とし口座

楽天ビジネスカードを
法人として使う場合は法人口座。
個人事業主として使う場合は個人口座を設定出来るようになっています。

楽天プレミアムカードの方は個人カードなので当然引き落とし口座は個人口座です。

社員カード

楽天ビジネスカードは社員カードが作れない。

社員に会社口座が引き落とし先になっているクレジットカードを持たせたい人には楽天ビジネスカードは向かないという事になりますね。

このところ流行っている個人事業主向けの法人カードだと社員カードが作れないというのは結構あります。

オリコ・エグゼクティブ・ゴールド・フォービズ(EX Gold for Biz)の個人事業主用のタイプSは追加カードが作れません。

ETCカード

10枚まで発行可能で1枚目は無料。2枚目移行は年会費500円。
ETCカード利用分も還元率は1%。

ちょっと情報が錯綜していて10枚までとなっているところと、枚数が書いてないところがあり調査中です。
わかり次第更新します。

ポイント

自分の誕生日月は楽天市場での利用でポイントが3倍

楽天ビジネスカードを使って得たポイントは楽天プレミアムカードのポイントに合算される。

楽天スーパーポイントが貯められるわけだからそりゃそうでしょ、と思いましたが、ビジネスで使って得たポイントを雑所得として計上したい人は困るでしょうね。

楽天ビジネスカード利用分のポイントはいくらという風にはなっていないからです。

ETCカード利用分も当然合算されます。

オレンジ
楽天e-Naviの管理画面で溜まったポイントは確認出来る。
利用明細も管理画面でチェック出来る。

支払い方法

楽天ビジネスカードは1回払いのみ。
楽天プレミアムカード(個人用)は1回払い、2回払い、分割払いに対応しています。

楽天プレミアムカード

実は楽天ビジネスカードはこれといって特筆すべき特典はありません。
2枚の年会費合計12,000円を払う価値があるのは楽天プレミアムカードの特典の部分です。

ポイント

自分の誕生日月は楽天市場での利用でポイントが3倍

プライオリティパス

年会費$399かかるプライオリティパスの最高グレード「プレステージ会員権」が付いている。
これが無料で使えるということ。

プライオリティパスがあれば世界の空港のラウンジが使えます。
回数無制限で世界120ヵ国にある700ヵ所以上の空港VIPラウンジを自由に利用できます。

ちなみに普通のゴールドカードで使用出来る空港ラウンジは基本的には国内だけです。

年会費が4万円近くするプライオリティパスが楽天プレミアムカードの年会費10,000円で使えてしまうのです。
楽天ビジネスカードではプライオリティパスが必要なラウンジは使えないので楽天プレミアムカードを忘れずに。

ただし海外に行く機会のない人はプライオリティパスを使う機会もありません。

付帯保険

海外・国内旅行傷害保険の補償額は最高5,000万円(自動付帯)

自動付帯なので楽天プレミアムカードを所有しているだけで補償が受けられます。

ちなみに楽天ビジネスカードの方は付帯保険は付いていません。

カードスペック

楽天ビジネスカード 楽天プレミアムカード
カードデザイン
年会費 2,000円+税 10,000円+税
追加カード年会費 なし 家族カード5,000円+税
ETC発行枚数 10枚
ETC年会費 1枚目無料、2枚目以降500円+税
限度額 最高300万円(両カードの合計)
国際ブランド
海外旅行保険 なし 最高5,000万円
国内旅行保険 なし 最高5,000万円
ショッピング保険 なし 最高100万円
ポイントプログラム 楽天ポイント(100円利用につき1ポイント)
楽天ビジネスカード利用で貯まったポイントは楽天プレミアムカードの分と合算。
支払い方法 1回払いのみ 1回払い、分割払い、据置き一括払い、半年賦併用払い、リボルビング払い
ゴールドカード特典 なし
  • プライオリティパスの最高グレード「プレステージ会員権」
  • 旅行傷害保険:海外最高5,000万円、国内最高5,000万円(自動付帯)
  • ショッピングガード保険(国内/海外)年間300万円まで補償
  • 空港でのラウンジ利用が無料

 

まとめ

楽天ビジネスカードは基本還元率が他の法人カードのほぼ倍の1.0%。これを生かして楽天スーパーポイントを大量に貯めたいですね。

法人カードは審査が厳しいというのが定説ですが、僕は何年も楽天カードを使っているのでその実績で審査には通りやすいと思います。

ただ4万円近い年会費が必要なプライオリティパスが無料で使えるとは言っても、そうそう海外に行く機会はないので2枚合計の年会費12,000円は高いかなぁ、とは思いました。

プライオリティパスを存分に活かせる人には魅力的なカードだという事ですね。


以上「楽天ビジネスカードは法人カードにしては審査が通りやすいカード」という記事でした。
気に入ってもらえたらシェアしてくれると嬉しいです。

 - 法人カード個別詳細