セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス カード

      2019/08/07

セゾンカードがアメックス(アメリカンエキスプレス)と提携して発行しているセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス カード。

個人事業主または小規模な法人向けのビジネスカードです。

ビジネスカードとは言っても必要なのは本人確認書類のみで一般の個人でも作れるカードなんです。

アメックスのプラチナカードとしての充実した付帯保険と優待特典が付いていますが、年間の利用料金によってはゴールドカード並みに安い年会費で作れる大変コスパのいいセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス カードについて解説していきます。

特徴

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス カードは自分から申し込めるプラチナカードです。

?、どういう事?
そう思いますよね。

実はプラチナカードは普通のカードと違って自分から申し込もうとしても出来ないのです。
どう言う事か?
カード会社からの招待(インビテーション)がないと申し込めないのです。

ワンランク下のゴールドカードをある期間使っていて支払いに問題がないと判断されたらカード会社から「プラチナカードはいかがでしょうか?」という招待メールが来て、そこで初めて申し込む事が出来る、それがプラチナカードなんです。

それに対してセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス カードは招待なしでいける、「自分から申し込めるプラチナカード」という事なんです。

プラチナカードのステイタス

ブラックカードというものをご存知でしょうか?
いわゆるセレブだけが持てる一番ステイタスの高いカードでごく一部の人しか持っていません。

プラチナカードはその一つ下のステイタスになります。

ブラックカードが設定されていないカードもありますから、そのときは一番上のステイタスですね。

ランク付けをすると

  1. ブラックカード
  2. プラチナカード
  3. ゴールドカード
  4. 一般カード

という順番になります。

代表的なブラック&プラチナカードの年会費を見てみると

アメックス・センチュリオン(ブラックカード) 360,000円(税抜き)
アメックス・プラチナ 130,000円(税抜き)
JCBザ・クラス 50,000円(税抜き)
三井住友VISAプラチナカード 50,000円(税抜き)

参考:個人用プラチナカード

ブラックカードの年会費はえげつない事になっていますね。

これらと比べるとセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス カードの年会費は20,000円(税抜き)です。

しかも年間の利用料が200万円を超えると次の年の年会費は半額の10,000円(税抜き)になってしまうのですよ。

国際ブランドとしてのアメックス

アメリカンエキスプレスのシェアは世界いち。

1. アメリカン・エキスプレス:35.7%
2. ダイナースクラブ:31.5%
3. VISA:14.6%
4. JCB:8.0%
5. Mastercard:7.0%

日本国内だとアメリカンエキスプレス(アメックス)と言ってもいまいちピンと来ませんが世界規模でいうとシェアは世界一なんです。

海外ではほぼ使えない国はないでしょう。
それほど信頼度は高いのです。

ビジネスカードという名称だが普通の個人としても申しこめる

ビジネスカードというと普通は法人・個人事業主でないと申し込めないのですが、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス カードは普通の個人(サラリーマンなど)でも申し込む事が出来るのです。

その証拠に普通のビジネスカードだと必要になる法人の場合の会社登記簿、個人事業主の場合の確定申告書、申し込みにこれらが必要ありません。

必要な書類は本人確認書類のみです。(運転免許証など)
つまり個人の信用情報のみで審査をするという事で、会社や事業の業績は問わないというわけです。

しかし、ちゃんと法人として引き落とし口座を法人口座に設定する事は出来ますよ。

個人としての決済、事業としての決済、どちらにも使えるカードなんです。

追加カードとETCカード

社員に渡せる親カードと同じ機能を持つ追加カードが4枚まで作れます。
3,240円(税込)
追加カードの利用分もポイントが貯まります。

ETCカードの発行手数料・年会費、ともに無料。
ETCカード利用分もポイントが貯まります。

大変コスパのよいカード

年会費を半額にすることが出来る

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス カードの年会費は20,000円(税抜き)。

他のプラチナカードと比べるとリーズナブルな年会費なんですが、さらに年間の利用料が200万円を超えると次の年の年会費は半額の10,000円(税抜き)になってしまう。

年会費10,000円はワンランク下のゴールドカードレベルです。

年間200万円以上は追加カード使用分も含まれるので公共料金・電話代・プロバイダー代などと合わせれば軽くクリア出来るでしょう。

プラチナカードならではの充実した付帯保険と優待特典

年会費はリーズナブルですが付帯保険と優待特典はちゃんとプラチナカードに応じた内容になっていますよ。

付帯保険

旅行傷害保険は海外が最高1億円。
国内が最高5千万円。

これらが自動付帯(カード所有しているば受けられる)しています。
旅行代金をカードで支払ったときという条件の保険もありますが自動付帯なら無条件で補償が受けられます。

ショッピング保険は年間300万円まで補償。
カードで購入した商品の破損・盗難など補償されます。(購入日から120日以内)

ネットでの不正利用を補償するオンラインプロテクションも当然ついています。

 

空港ラウンジとプライオリティパス

プラチナカードとしての優待特典も充実しています。

国内の主要29空港でラウンジ利用が無料

世界中の600ヶ所以上の空港ラウンジを利用できるサービス、「プライオリティパス」が使えます。

単体で申し込むと約40,000円という高額サービス

海外出張の多い方なら大きなメリットになりますよね。

ポイントプログラム

ショッピング利用合計金額1,000円ごとに「セゾン永久不滅ポイント」が1ポイント貯まります。
1ポイントは5円相当なので還元率は0.5%。

電気・ガスなどの公共料金、税金の支払い、追加カード・ETCカード利用分なども含まれます。

海外での利用では還元率は2倍になり還元率は1%になります。

ポイントの有効期限は無期限なのでポイントの使い道はゆっくり検討出来ます。

セゾンポイントモール

セゾンカードのポイントモールサイト「セゾンポイントモール」で無料会員登録をして、そこ経由でAmazon・楽天市場などのネットショップに行きカード利用すると、さらにポイントを多く獲得する事が出来ます。

カードスペック

 

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
カードデザイン
年会費 20,000円+税
(年間200万円以上のカード利用で翌年年会費10,000円+税になります)
追加カード年会費 3,000円+税/枚、4枚まで発行可
ETC年会費 無料
本カード、追加カードそれぞれ最大5枚まで発行可
限度額 100万円〜1000万円
審査により決定
国際ブランド
海外旅行保険 最高1億円(自動付帯)
国内旅行保険 最高5,000万円(自動付帯)
ショッピング保険 最高300万円
ポイントプログラム セゾン「永久不滅ポイント」
還元率0.5%(海外での利用は2倍の1%)
支払い方法 1回払い、ボーナス一括払い、2回払い又はボーナス2回払、リボルビング方式
発行期間 最短3営業日

※カードを所有しているだけで補償対象になる。

まとめ

今回のセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス カードの情報をまとめると

  • 招待(インビテーション)なしで作れるプラチナカード
  • 基本は個人事業主・小規模法人向けだが一般個人でも作れるカード
  • 年間利用料200万円以上で年会費が半額の1万円
  • 安い年会費でも充実した付帯保険・優待特典あり(プライオリティパス)
  • ビジネスカードなのに本人確認書類のみで作れる
  • 維持費はリーズナブルだがプラチナカードのサービスが利用できてコスパが抜群

という感じになりますが、デメリットがいまいち思い浮かびません。

デメリットがないわけがないので気づいたら加筆していきます。
最後までご覧いただきありがとうございました。


以上「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス カード」の記事でした。
気に入ってもらえたらシェアしてくれると嬉しいです。

 - 法人カード個別詳細